京王井の頭線

井の頭線(いのかしらせん)は、東京都渋谷区の渋谷駅と武蔵野市の吉祥寺駅を結ぶ京王電鉄の鉄道路線。 関東の私鉄の中で最初に冷房化率100%を達成した路線である。

概要 渋谷と吉祥寺という繁華街同士を、途中小田急小田原線・京王線と接続しつつ短絡する、一日数十万人が利用する路線で、全線が武蔵野台地上を走り、渋谷から吉祥寺までほぼ上り片勾配である。踏切は多いが、主要な道路とは敷設時から立体交差化されており、環状八号線と交差する高井戸駅は1972年に高架化されている。駅間距離が非常に短く、隣の駅までが1km未満であることも珍しくなく、逆に1.5km以上駅間が離れる区間がないほどで、隣の駅がホームの端から見える駅も少なくない。 軌間に1372mmの馬車軌間を採用する他の京王線の路線とは異なり、井の頭線では1067mmの狭軌が採用されている。これは、元々、井の頭線が小田急電鉄系の帝都電鉄の路線として開業したためである。急行運転も実施されており、上下線ともに永福町駅で各駅停車と接続する。終点が両側とも頭端式ホームであり、終着駅到着時は(それぞれの中央改札に近い)進行方向の先頭車両は常に混雑し、上下線とも終点に向かえば向かうほど混雑の度合いは増していく。特に吉祥寺駅と永福町駅以外のすべての急行停車駅はいずれも渋谷寄りに階段・出口があり(明大前駅で京王線との乗り換え口及び階段が、下北沢駅にては小田急との連絡口及び主たる出口があり、集中的に混雑する)、井の頭線全体で見ても渋谷寄りに階段・出口を持つ駅の割合が多い。近年駅の改良工事が行われる際には、わずかでも渋谷寄りから吉祥寺寄りに、階段・出口を移動させている傾向が見られる。トンネルは渋谷駅の隣の神泉駅の前後に一つずつあり、吉祥寺寄りのトンネルには駅のホームが延びている。戦時中から戦後しばらくは小田急小田原線と代田連絡線で繋がっていたものの、同連絡線廃止後は接続する路線こそ多いがレールが繋がっている路線が無く、孤立した路線となっている。

渋谷 賃貸
シティホーム渋谷センター


〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1丁目24-14 渋谷トライアングルビル3F
03-5466-3700

シティホーム渋谷センターでは渋谷区世田谷区港区の賃貸物件はもちろん、井の頭線を始め
各沿線の賃貸物件を幅広く取り扱っておりますので、お部屋探しの際には是非一度お立ち寄り下さい!